樹・中村昌平建築事務所: Архітектори в 茨城県 | homify
樹・中村昌平建築事務所
edit edit in admin вимагає огляд Новий проект
樹・中村昌平建築事務所
樹・中村昌平建築事務所
Неправильний номер. Будь ласка, перевірте код країни, префікс та номер телефону
Натиснувши Відправити, я підтверджую, що прочитав Політика конфіденційності і погодився, що моя вищезазначена інформація буде оброблена, щоб відповісти на мій запит.
Примітка. Ви можете скасувати вашу згоду, надіславши по електронній пошті privacy@homify.com, яка буде діяти на майбутнє.
Відправити!
Цей спеціаліст відповість якомога швидше!

ПРОЕКТИ

адреса
笠間市大田町920
309-1738 茨城県
Японія
+81-296783692 tachiki.server-shared.com

Відгуки

計者中村さんの仕事は、いつも手仕事を主体とした住宅で、私の経師としての役割は主に和紙を建築に用いる場面で利用していただいております。 例えば障子や建具、壁や天井など、茨城で生産されている西の内和紙を伝統的な作法にしたがって張り上げる作業です。 なかでも障子の貼り方には設計士の意向があります。建具の両面に和紙を張って組子を和紙で覆うってしまう。それによって空気の断熱層を作ると同様に、建具組子の汚れや劣化を防止します。これまでの片面張りの障子にはない断熱効果を考慮したものとして、一職方として感心しています。  また和紙を建築の内装に用いることは他でも多々ありましたが、祖父母など先代が着ていた着物なども建築に用いることがあります。実際に着用していた着物を職方である私が引き取り、糸をほどき分解して、折目を伸ばして、糸の通りを整えて、裏打ちして、壁や天井・建具に張り上げます。従来の表具・経師ならではの仕事として、やりがいのある仕事ではあるとしても、着物の種類や状態によっては手間のかかりように幅があるのは否めません。 ただ押入れやタンスの肥しにしておくよりは、再活用する形で施主の日常に共存させてあげることにより、世代のつながりを認識できるといいます。それも伝統的な日本建築のあり方として共感したうえで、多分な手間は目をつぶって協力させていただいています。  ひたちなか市の家では1Fトイレの天井に帯や着物の裏地などをらべて、織物ならではの雰囲気をつくりました。 これらは現場にて設計者と、あぁでもないこぅでもないとにぎやかに相談しながら作って行きます。こうした演出は その家の特長的なアクセントになり職方としてもとても印象的なものです
близько 23 години потому
Дата проекту: Червня 2017
計者中村さんの仕事は、いつも手仕事を主体とした住宅で、私の経師としての役割は主に和紙を建築に用いる場面で利用していただいております。 例えば障子や建具、壁や天井など、茨城で生産されている西の内和紙を伝統的な作法にしたがって張り上げる作業です。 なかでも障子の貼り方には設計士の意向があります。建具の両面に和紙を張って組子を和紙で覆うってしまう。それによって空気の断熱層を作ると同様に、建具組子の汚れや劣化を防止します。これまでの片面張りの障子にはない断熱効果を考慮したものとして、一職方として感心しています。  また和紙を建築の内装に用いることは他でも多々ありましたが、祖父母など先代が着ていた着物なども建築に用いることがあります。実際に着用していた着物を職方である私が引き取り、糸をほどき分解して、折目を伸ばして、糸の通りを整えて、裏打ちして、壁や天井・建具に張り上げます。従来の表具・経師ならではの仕事として、やりがいのある仕事ではあるとしても、着物の種類や状態によっては手間のかかりように幅があるのは否めません。 ただ押入れやタンスの肥しにしておくよりは、再活用する形で施主の日常に共存させてあげることにより、世代のつながりを認識できるといいます。それも伝統的な日本建築のあり方として共感したうえで、多分な手間は目をつぶって協力させていただいています。  ひたちなか市の家では1Fトイレの天井に帯や着物の裏地などをらべて、織物ならではの雰囲気をつくりました。 これらは現場にて設計者と、あぁでもないこぅでもないとにぎやかに相談しながら作って行きます。こうした演出は その家の特長的なアクセントになり職方としてもとても印象的なものです
близько 23 години потому
Дата проекту: Червня 2017
計者中村さんの仕事は、いつも手仕事を主体とした住宅で、私の経師としての役割は主に和紙を建築に用いる場面で利用していただいております。 例えば障子や建具、壁や天井など、茨城で生産されている西の内和紙を伝統的な作法にしたがって張り上げる作業です。 なかでも障子の貼り方には設計者の意向があります。建具の両面に和紙を張って組子を和紙で覆うってしまう。それによって空気の断熱層を作ると同様に、建具組子の汚れや劣化を防止します。これまでの片面張りの障子にはない断熱効果を考慮したものとして、一職方として感心しています。  また和紙を建築の内装に用いることは他でも多々ありましたが、祖父母など先代が着ていた着物なども建築に用いることがあります。実際に着用していた着物を職方である私が引き取り、糸をほどき分解して、折目を伸ばして、糸の通りを整えて、裏打ちして、壁や天井・建具に張り上げます。従来の表具・経師ならではの仕事として、やりがいのある仕事ではあるとしても、着物の種類や状態によっては手間のかかりように幅があるのは否めません。 ただ押入れやタンスの肥しにしておくよりは、再活用する形で施主の日常に共存させてあげることにより、世代のつながりを認識できるといいます。それも伝統的な日本建築のあり方として共感したうえで、多分な手間は目をつぶって協力させていただいています。  ひたちなか市の家では1Fトイレの天井に帯や着物の裏地などをらべて、織物ならではの雰囲気をつくりました。 これらは現場にて設計者と、あぁでもないこぅでもないとにぎやかに相談しながら作って行きます。こうした演出は その家の特長的なアクセントになり職方としてもとても印象的なものです
близько 23 години потому
Дата проекту: Червня 2017
Prof pin.png%7c36.3459829,140