堀こたつのあるリビングbest5 - 床座でくつろぐリビング!

Запросити цiну

Неправильний номер. Будь ласка, перевірте код країни, префікс та номер телефону
Натиснувши Відправити, я підтверджую, що прочитав Політика конфіденційності і погодився, що моя вищезазначена інформація буде оброблена, щоб відповісти на мій запит.
Примітка. Ви можете скасувати вашу згоду, надіславши по електронній пошті privacy@homify.com, яка буде діяти на майбутнє.

堀こたつのあるリビングbest5 – 床座でくつろぐリビング!

K.Matsunaga K.Matsunaga
by 井上久実設計室 Еклектичний
Loading admin actions …

リビングのスタイルには、ソファや椅子に座る「椅子座」、畳のように床に座る「床座」などで置く家具や設えが変わります。フローリングや洋風のインテリアが増えている現代の住宅では、ソファを置く家も増えていますが、床でくつろぐスタイルを好まれる家も少なくありません。和洋をうまく融合させ、より床座をくつろぎやすくするために堀こたつを取り入れるのはとても有効的です。今回ご紹介するのはリビングやLDKに堀こたつを取り入れたインテリア。和室だけでなく、日常の中にくつろぎの掘りこたつを取り入れた素敵な実例を見てみましょう!

外の景色を楽しむ土間のある平家

House of Nishimikuni by arbol Сучасний
arbol

House of Nishimikuni

arbol

House of Nishimikuni by arbol Сучасний
arbol

House of Nishimikuni

arbol

ARBOLの手がけたこちらの家は、大阪の市内にある住宅です。周囲はマンションや公園など建物や人々が行き交うことの多いロケーション。その中で、プライバシーを確保しつつ、都心の中でも自然を感じられる平屋がデザインされました。塀に囲まれた中庭を設け、リビングはほぼ全面ガラス張りに。室内からの開放感を感じることはもちろん、夜も幻想的なライトアップでくつろぎの空間となりました。リビングの一角には畳スペース、心地よい無垢材のフローリングに大きめのテーブルが配置された掘りこたつスペースがあり、腰を落ち着けながら木々を眺めることができます。定年後のご夫婦の暮らしやすい配慮がなされた住宅です。本住宅については「心地良い都会の生活を可能にする家「西三国の家」」で詳細をご紹介しています。

外と内をつなぐ土間空間のある家

G_FACTORY 建築設計事務所の手がけたこちらの家は、外に穏やかな田畑の景色が広がる住まいです。リビングに隣接して土間を設け、壁面には景色を切り取るような印象的な大きな窓があります。土間は吹き抜けとなっており、一角にはシンボルツリーも植えられ、まるで外のような、中のような印象も持ち合わせる空間。昼間から夕暮れ、夜まで移ろう景色を眺めながらゆったりと過ごせる空間が魅力。リビングダイニングはキッチンに面しており、テーブルは掘りこたつ式になっています。目線の位置に大きなピクチャーウインドウがあり、日常の中にまるで景色をアートのように取り入れながら過ごせる住まいにデザインされました。本住宅は「外の部屋のある処」で他の写真をご覧いただけます。

日本家屋の和モダンリノベーション

森村厚建築設計事務所の手がけたこちらの家は、築50年の日本家屋のリノベーションで生まれた住まいです。広さは十分にあったものの、昔ながらの間取りであることや、老朽化が著しいことから現代の暮らしにはなかなか合わなくなっていた以前の住宅。雨漏りや隙間風などの機能的な悩みも解決しつつ、現代のライフスタイルに合わせたデザインにリノベーションをされることになりました。味わいを生かし、日本の自然素材を使いながら以前の日本家屋ならではの持ち味を生かした和モダンの空間に。キッチンと横並びに続くダイニングは掘りこたつになっており、リビングと続くフロアで広さを生かしながら、テーブルとキッチンの高さが近くなるように調整されています。昔ながらの趣を感じながら暮らしやすい住まいへと生まれ変わりました。本住宅については「ビフォーアフターで放送された和モダンリノベーション/重くて遠い家」で他の写真をご覧いただけます。

室内からガレージの見えるリノベーション住宅

藤井伸介建築設計室の手がけたこちらの家は、「愛車と暮らす家」をテーマにデザインされたリノベーション住宅です。格子を生かした和モダンのファサードに、愛車を守るガレージを設けています。室内とガレージの間は全面ガラスで仕切られており、家の中にいながらにして愛車を身近に感じられる設えです。ガレージからも直接室内へのアクセスが可能なため、利便性も抜群。リビングはフローリングと隣接して畳のスペースがあり、テレビとテーブル、掘りこたつのある間となっています。普段は引き戸を解放させ、広々としたリビングに。掘りこたつに腰を落ち着けながら、向かい側のガレージを眺めることも可能です。本住宅については「愛車を身近に感じられるリノベーション住宅」で詳細をご紹介しています。

千ヶ峰を臨む自然の雄大さを感じる住まい

井上久実設計室の手がけたこちらの家は、山林の中の山荘です。標高1000mの千ヶ峰を臨むロケーションにあり、周囲の豊かな自然に負けない建物を、という要望からこちらの家が計画されました。杉の格子と外壁が力強さを持つ凛としたファサード。片流れの形状を生かし、千ヶ峰を臨む側は天井が高く、外に拓けた開放感を生み出しています。窓に面して三方を掘りこたつとし、囲炉裏カウンターを囲むようなリビングがデザインされました。雄大な景色を眺めながら過ごす時間は格別のものとなるでしょう。本住宅については「大阪の建築家が手掛けた自然の中に静かに佇む別荘」で詳細をご紹介しています。

by Casas inHAUS Сучасний

Потрібна допомога з проектом оселi?
Зв'язатися!

Відкрийте для себе натхнення!