ベッドフレームのDIYアイデア6選 | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3566:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

ベッドフレームのDIYアイデア6選

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
by homify Мінімалістичний
Loading admin actions …

ベッドフレームをDIYでつくって、自宅にぴったりなデザインのベッドを置いてみませんか?そのベッドをDIYする時に一番に考えなければいけないことは、しっかりとした耐久性です。しかし、その耐久性と思い通りのデザインをうまくかけ合わせることはなかなか難しいことです。そこで今回は、安心して寝られてかつおしゃれなベッドフレームのDIYアイデアを紹介していきます。

すのこベッド

by homify Мінімалістичний

あまりおしゃれなイメージをすのこに対して持っていない方もいると思いますが、意外にも建築の様々な場面で使われているデザインでもあります。運搬用に使われる木製パレットも同様のつくりをしていることからも、ベッドフレームとしての耐久性はもちろん通気性も良く湿気がこもる心配もありません。また、材料も安く手に入るのでDIYするには嬉しい素材です。

ベッド下収納

by AIDAHO Inc. Еклектичний

DIYでベッドをつくる時にも、ベッド下に引き出しなどで収納スペースを設けてスペースを有効活用しようと考えている方も多いと思います。その収納スペースを引き出しほどの大きさではなく、デスクとしても使える大きさにしてみてはいかがでしょうか?こちらのAIDAHO INC.が手掛けた住宅の寝室は、そのように空間がうまく立体的に有効活用されながら、居心地がよさそうなベッドスペースとなっています。

写真:本多康司/本多康司写真事務所

ブランコ式ベッド

мінімалістський  by Hanging beds, Мінімалістичний

逆転の発想で、ベッドを上から吊るすブランコ式ベッドも1つの方法です。もちろん、天井が負荷に耐えられるようにつくられている必要がありますが、下に大きな収納スペースをつくることができますし、ハンモックのような心地いい揺らぎの中で眠りに就くことができるのではないでしょうか?こちらのベッドはさらに、ロープを引っ張ればベッドを上に持ち上げることができて高さの調節が可能で、一番上まで引っ張ればベッドを天井に収納できるといった驚きの機能を兼ね備えています。

和風ベッド

意外に思い浮かばないのが、畳とベッドを組み合わせた和風ベッドではないでしょうか?畳にも色や織り方など様々な種類があるので、おしゃれな畳ベッドをDIYすることも可能です。また、家に和室が欲しいといった方にも、フローリングの上に直に畳を置くのではなく、ベッドのようにして畳スペースをつくるとよりスマートで快適なインテリアにすることができます。

パイプベッド

Galvanised Steel Pipe and Industrial Scaffolding Fittings Kingsize Bed - Bespoke Urban Furniture by www.inspiritdeco.com by homify Iндустріальний
homify

Galvanised Steel Pipe and Industrial Scaffolding Fittings Kingsize Bed – Bespoke Urban Furniture by www.inspiritdeco.com

homify

DIYの素材は木材だけではありません。その他の素材で今人気が高まりつつあるのが金属パイプを使ってのDIYです。きちんとした組み方をすれば、素材自体の強度は十分ですし、木材よりも細い線で軽やかなベッドフレームをつくることができます。インテリアが配線や配管がむき出しのインダストリアルなベッドルームには一番のDIYデザインではないでしょうか。

可動式ベッド

ベッドにローラーを取り付けて水平に自由に移動できるベッドで、その日その日の居心地がいい場所で寝てみてはどうでしょうか?また、こちらのリビングダイニングにある90cm角の畳ボックスのように、自分の好きな大きなスペースがつくれるような構成にしても面白いかもしれません。日ごとに変化しながら室内に入り込んでくる光や風に合わせて、寝床も自分にとって心地のいい場所を変えてみてはいかがですか?

写真:加藤嘉六

by Casas inHAUS Сучасний

Потрібна допомога з проектом оселi?
Зв'язатися!

Відкрийте для себе натхнення!