曲線のあるインテリア5選 - ソフトな印象を加えるポイント!

Запросити цiну

Неправильний номер. Будь ласка, перевірте код країни, префікс та номер телефону
Натиснувши Відправити, я підтверджую, що прочитав Політика конфіденційності і погодився, що моя вищезазначена інформація буде оброблена, щоб відповісти на мій запит.
Примітка. Ви можете скасувати вашу згоду, надіславши по електронній пошті privacy@homify.com, яка буде діяти на майбутнє.

曲線のあるインテリア5選 – ソフトな印象を加えるポイント!

K.Matsunaga K.Matsunaga
CACCO by イシウエヨシヒロ建築設計事務所 YIA Сучасний
Loading admin actions …

家の部材はおおむね直線で構成されているものがほとんどです。生産を効率的に、また施工をしていく段階でも無駄が少なくコストを抑えられるのがメリットでもあるためです。しかし造形としては、曲線的なものも美しさを構成する一つの要素。絵画やアートなど、芸術的な作品は曲線が美しさのポイントでもあります。直線的な住宅の中でも、ほんのすこしのポイントに曲線を加えると、空間がソフトで優しい印象を加えることができるのも事実。今回ご紹介するのは、曲線がポイントの空間5選です。ほんのすこしのポイントでも、ぐっと印象的になる空間のアイデアを見て見ましょう!

1.へこみとふくらみが生み出す豊かな空間

ディンプル建築設計事務所の手がけたこちらの住宅は、湘南海岸を望む集合住宅のリノベーションで生まれました。限られた空間の中、広がりを感じながら多機能性を持たせるために提案されたのが、ひときわ印象的なR状の壁面部分です。こちらはリビングと和室の間仕切りとなっており、リビング側の凹部分は同時に5人が腰掛けられるほどのベンチとして、和室側からは収納と床の間としてそれぞれの役割を担う空間となりました。曲線の柔らかさがアイキャッチとなり、平凡になりがちなマンションの一室に特別な雰囲気をもたらしています。本住宅については「へこみとふくらみ」で他の写真をご覧いただけます。

2.白とウッドが魅せるシンプルモダンな家

YIA イシウエヨシヒロ建築設計事務所が手がけたこちらの家は、密度の高い住宅地の一角にあります。家族の繋がりや結びつきを望んでいる住まい手の思いを汲み取り、建築家はウッドを使った柔らかい素材で空間を構成することを提案しています。ベースのホワイトとコントラストの美しいレッドシダーは、温もりのある木の素材ながら直線的でモダンさを感じさせ、どこか未来的な空間に見事に調和しています。こちらの素材を生かすようにデザインされたホールの天井は、レッドシダーの色味がダイナミックに魅せる魅力的な空間に仕上がりました。本住宅については「家族をまとめる家「CACCO」」で詳細をご紹介しています。

3.ユニークなシェルフと好きなものに囲まれる家

三角形の敷地と急斜面にあり、前面道路も坂道であるという珍しい敷地にある住まい。一見難しい条件が整ったこちらの場所に、株式会社SEKI.DESIGNの手がけた家があります。敷地の特性を考慮し、家が建つという敷地以外にも、隣地からの視線があるという視点も考えられてデザインされました。敷地的な条件をクリアしつつ、住まい手に心地よく感じる「好きなものに囲まれて暮らす」という点がプラスされ、シェルフや開口の形に個性を持たせてオリジナル感の溢れる住まいに仕上がっています。本住宅については「2枚の壁がサンドウィッチみたいな家」で詳細をご紹介しています。

4.暮らしと仕事を楽しむレトロモダンな家

オフィス兼リビングとして使われている空間を持つこちらの家。スタイル工房 STYLEKOUBOUがより快適に暮らしを送れるようなリノベーションを手がけました。お手持ちのレトロな家具に合わせたインテリアをコーディネートし、開口部はソフトな印象のR壁を採用しています。リビングは和室につながるレイアウトとし、より広々と使用できるようになりました。落ち着いたダークブラウン調のカラーリングで、どこか懐かしさを感じる雰囲気が魅力的な空間です。本住宅については「住うと仕事を楽しむ、レトロな雰囲気」で詳細をご紹介しています。

5.アトリエを持つ3階建ての家

M+2 ARCHITECTS & ASSOCIATESの手がけたこちらの家は、既存の敷地を2つに分けて建てられたアトリエを持つ3階建の住宅です。旗竿地という形状のため、どのように採光を確保し、快適な住環境をレイアウトするかがキーポイントとなります。限定された形状の敷地に光と風を導き効率的にレイアウトを確保するため、一部に曲線の動線を生み出し収納や作業スペースなどに活用しています。明るい光に溢れ、未来的な雰囲気のレイアウトはまるでオフィスやショップのようなデザインを思わせます。本住宅については「光を取り込み、光が広がる「天沼の家」」で詳細をご紹介しています。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ※   


by Casas inHAUS Сучасний

Потрібна допомога з проектом оселi?
Зв'язатися!

Відкрийте для себе натхнення!