予算は工夫次第!一軒家の建築費別デザイン特集

Запросити цiну

Неправильний номер. Будь ласка, перевірте код країни, префікс та номер телефону
Натиснувши Відправити, я підтверджую, що прочитав Політика конфіденційності і погодився, що моя вищезазначена інформація буде оброблена, щоб відповісти на мій запит.
Примітка. Ви можете скасувати вашу згоду, надіславши по електронній пошті privacy@homify.com, яка буде діяти на майбутнє.

予算は工夫次第!一軒家の建築費別デザイン特集

住空間設計室CUBE 住空間設計室CUBE
сучасний  by MAG + 宮徹也建築計画, Сучасний
Loading admin actions …

人生最大の買い物ともいわれる住宅。購入するにしても立てるにしても、気になるのは予算ですよね。とはいえデザインにもこだわりたいという人が多いのでは? 一軒家の場合の予算によるデザインの違いをここでチェックしてみましょう。

一軒家購入vsマンション購入

сучасний  by MAG + 宮徹也建築計画, Сучасний

住宅の種類を大まかに分けると、一軒家とマンションとがあります。

一軒家のメリットは何といっても他人の目を気にすることなく生活ができるということ。年数が経ってリフォームをしたい時は住宅の内外にかかわらず自由に工事をすることができますし、築年数が経過していても資産価値が下がりにくいケースが多いです。その代わり購入時の価格がマンションよりも高くなりがちで、道路に面しているために防犯対策を意識しなければいけないといったデメリットがあります。

マンションのメリットは立地や床面積等の条件が同等であれば一軒家よりも安く購入できることが多いということ。アプローチやゲストルームなどの共用部分が高グレードの空間を楽しめるのもマンションならでは。その代わり集合住宅なので両隣や下階の住民と騒音等のトラブルが起きる可能性があり、資産価値が一軒家よりも下がりやすいというデメリットがあります。

1000万以下の一軒家

では建築費別にデザインを見てみましょう。

まずは1000万円以下。

一軒家で予算1000万円以内におさまるような物件というと、基本的に築年数が多い、床面積が狭い、建材や住宅設備等を安いグレードの商品に抑えているなどの理由が考えられます。しかし住む人が重視している条件がクリアできているのであれば、こうした理由はけしてデメリットではありません。

こちらは内装を主にリノベーションした事例で、なんと300万円で内部をリノベーションしてあります。お金をかけるところとかけないところのメリハリをつけると、低予算でも素敵な一軒家に生まれ変わるという好例ですね。

2000万以下の一軒家

by Pracownia Projektowa ARCHIPELAG Сучасний

2000万円以下だと、建材や住宅設備等を標準グレードにして追加するオプションも極力少なめにするといった工夫が必要です。

こちらはプレハブ住宅。プレハブ住宅というと安っぽい印象をもつ人もいるかもしれませんが、最近のプレハブ住宅はこんなにおしゃれなんです。建築費を抑えつつデザインも自分のこだわりを少しでも入れたい人にはおすすめ。

by 若山建築設計事務所 Еклектичний Метал

2000万以下の事例をもうひとつご紹介。

こちらは約1800万円という建築費の一軒家です。平屋ではなくても総二階のプランにすると、比較的建築費が安価に抑えられるようです。

3000~4000万以下の一軒家

Japanese traditional wooden house by 建築設計事務所 山田屋 Азіатський

こちらは4000万円以下に建築費を抑えた事例です。梁を効果的に生かしていて開放感たっぷりですね。希望のグレードやデザインが選びやすくなってきますし、間取りや住宅設備等をグレードアップすることもできます。

5000万以上の一軒家

建築費を5000万円よりも出せるのなら、こだわりたいところにはしっかりこだわりたいですね。階段などの居室以外のスペースも素敵なデザインにするとより快適さが増します。

建築費をかければもちろんですが、抑えながら希望に近い一軒家を手にすることも工夫次第で十分可能です。今一軒家の購入を考えているなら、予算とデザインと使い勝手のバランスをじっくり検討してみましょう。

by Casas inHAUS Сучасний

Потрібна допомога з проектом оселi?
Зв'язатися!

Відкрийте для себе натхнення!